雑記

友人間で”milkゲイ説”が流れてた。僕は普通に女性しか愛せません

こんにちはmilkです。

先日「カキ喰う祭り」に行ってきました。

今日の朝を無事に迎えられてホントに良かったと思います。

 

その「カキ喰う祭り」で友人と会ったのですが「milk彼女いないの?”milkゲイ説”流れてるぜww」

 

そんなことを唐突に言われたのでした。

 

最初に断言する、僕はゲイではない。

はい  そういうことです。

まあ確かに今現在でもまだ『LGBT』に対する目というのは厳しいですよね。

特に僕が居た【自衛隊】にはゲイが居ました。(僕が知っているだけで3人はいた。噂も含めれば10人以上)そのことを知ってか知らずか、「milkはゲイなんじゃないか?」という話をされました

僕はここがネットだから、敵を作りたくないから、とかじゃなく『LGBT』のことを何とも思っていません。

【理解している】訳ではありませんよ。人間だから皆が同じわけじゃないことくらい分かってるので、そういう感性があるんだなぁくらいでしか思ってないです。

僕は女性が好きですし○○○したいのも女性なんで自分自身ではゲイではないと思ってます。

 

『LGBT』に対する偏見は自分の無知を証明している

 

『LGBT』だけではないんですが僕の職場でもやたら

「you tuberとかキモイわ!」とか

「A〇Bのライブ行くとか引くわ」

なんて言ってる人たちがいます。まぁ価値観が固まってしまって損してそうだなぁと僕は思ってます。

僕が大好きなマイケルも「偏見は無知である」って言われてました。この人がこの言葉を言うのはものすごい説得力があります。

偏見というのは自分に理解できぬことを自分の中の価値観だけで意味を決めてしまうからそこで終わってしまうんですよね

調べたりすることで色々なことが分かってきてまた他のことに活かせれるかもしれないのに自分で可能性を潰してしまってるんだなぁと思ってます。

長々と話してしまいましたが偏見は自分の視野を狭めているだけなので損ですよ

ということです

 

『LGBT』の軽い歴史を紹介

せっかくなので『LGBT』について軽くご紹介、これを機に少しでも世の中の偏見というものを消せればと思います。

注目され始めたのは”1960年代”

60年代のアメリカ国内では、新しい社会運動という社会変革を求める機運が巻き起こって、この運動に刺激を受けた一部のLGBT活動家は本気をだして取り組み10年間の間に「ゲイ解放運動」と呼ばれる現象が起こしたのです。

これが『ゲイ・プライド』『ゲイ・パレード』につながっていくんですね

 

ちなみに1971年に政治家の東郷健氏が同性愛者であることを公表して参院選挙に初立候補してゲイの存在をアピールしたらしいです。「伝説のおかま」なんて呼ばれていることも

 

1990年代

90年代になるとLGBTの活動はアジアでも活発化していきました。特に若年層でもLGBTの活動が目立っていき、『プライド』と呼ばれていたLGBTの方々によるパレードや映画祭などで。理解を深める活動が行われ『LGBT』という言葉は広まっていきました。

 

2015年では20~59歳の男女7万人のうち5,320はLGBT

 

2015年、広告会社「電通」が行った調査では20~59歳の男女7万人のうち7.6%(約5,320人)はLGBTに該当したそうです。

16年には、教育現場で教職員向けにLGBT生徒への対応をまとめた手引きなど発行し、17年に改訂されたいじめ防止基本方針にはLGBT生徒への配慮が盛り込まれているなど少しずつ社会が理解を示そうとしてくれています。

 

集団心理を変えるのは膨大な時間がかかる

以前僕のブログでも書きましたが集団心理を変えるのはすごく難しいです。人一人の力だけではほぼ不可能だと僕は思ってます。

 

LGBTが本格的に動き出したのが1960年代、LGBTの活動についてはもっと前1860年からと言われてます。

そして今2019年現在でもまだ理解を深めることは叶ってません。60年という膨大な時間を掛けてもまだ完璧な理解を得れてないのです。

ですが、確実に前に進めているのだけはわかります。完全な偏見がなくなるのは無理ですがもっと理解し合えるような世界になれればと思います。

 

今回はLGBTのお話でしたが、偏見というのは何のジャンルにでもあるのです。少しでも自分の価値観を柔軟にできるようにしたいものですね。

 

これにて終わります

へばろ!

 

ABOUT ME
milksdf
"元"陸上自衛官のレンジャーを卒業しました。 ゲームが好きなので、その辺りを書いていこうかなと思います。