体験記

【陸自 体験記】新教編④ 「基本教練 敬礼の種類ありすぎでしょ」

こんにちは milkです

先日「新しい文書力の教室」という本を買いました。僕のブログを始めるきっかけとなった『ヒトデブログ』さんが

「これを買っておけば間違いない!」的なことを書いたので買って読んでみました。

がしかし!この文章力である。

本よりもまずは僕の頭を新しいものに代えないと…

というわけで今回は【陸自 体験記】新教編③「食堂まで500m?バカなんですか?」の続きとなります

 

あらすじ

人間が生存するために必要な「食」

その欲求を満たすためには朝・昼・晩毎回500mという距離を走って移動しなくてはならないことが確定した

その期間3か月w

そんな確定した面倒くさい日々にすでに嫌気がしたmilk。だがいよいよTHE自衛隊!って感じの訓練が始まる

 

基本教練ですって、なんすかそれ?

『基本教練』

部隊と個人が節度をもって行動するため、そして部隊行動を円滑化するために必要なものである!

 

いや知らんし!w

自衛隊って鉄砲撃ったり、匍匐前進したりするんじゃないの!?

なんて思っていたmilkだがどうやらこの先1週間ほどはこの『基本教練』なるものをするらしい。

控えめに言って狂ってると思います、控えめに言わなきゃ頭おかしいと思います。

 

 

だってこの

「右向け右!!」

「回れーーーー右!!」

「前へーーーー進め!」

こんなの午前4時間  午後4時間ずっっっっとやるんですよ!

『モンキーターン』の波多野が怒る理由がわかりますよ!

もう気分は日体大の『集団行動』の気分(てか実際そうかww)だったが不思議とハマってきている自分がいる。

 

足を動かすときは膝をしっかり伸ばしてみよう…

行進するときは腕の振り方に気を付けよう!

 

自分でも本当に思う。単純な男だ

 

なんかねぇ、気付いたらホントに真剣にやってました。でも最初の1日はホントに拷問だと思ったよ

 

【敬礼】の種類って7つあるんだぜ?

いやこれ『基本教練』をやるまでわからなかったんだけど【敬礼】は大きく分けて7つのジャンルに分かれててその中でも敬礼の『動作』がいっぱいある

僕はてっきりこれ一つだと思ってたよw

これは『挙手の敬礼』ですね

 

恐らく皆さんが想像してた敬礼はこれだと思うんだが、じつはこれ”着帽時”にやる敬礼なんだよね。知らない人からすると敬礼なんてなんでもいいと思うよね

 

何か知らないけどこの他に『敬礼の動作』は9種類あった

  • 10度の敬礼(”脱帽時”)
  • 45度の敬礼(milkもしたことはない)
  • 姿勢を正す敬礼(ただ『気を付け』するだけ)
  • 着剣捧げ銃の敬礼(天皇とか棺に対して)
  • 捧げ銃の敬礼(お偉いさん用)
  • 銃礼(銃持った時の通常時に使う)
  • 旗の敬礼
  • 頭中(右、左)の敬礼(主に”部長”以上のクラスに)
  • 栄誉礼(理事長クラスへの敬礼)

 

結構ある

(実はこの中で自衛隊人生一回もやってない敬礼あるなんて言えない)

…….

いや覚えられねぇわ!!!

多いよ!多すぎるよ!

もう3つくらいにしとけばええやん!

 

当時はそんな風に思ってたが人間とは不思議なものである。頭だけじゃ覚えられそうにないものでも体の動きが入ってくると不思議と覚えてしまうのだ。実際3か月にはほぼ全部状況に応じて敬礼をできるようになってしまった。

そんな感じで自衛隊人生の第1週目(1/2)が終わったのである。

 

次回

「体力検定!僕体力だけはイケイケです」

 

これにて終わります

へばろ!

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
milksdf
"元"陸上自衛官のレンジャーを卒業しました。 ゲームが好きなので、その辺りを書いていこうかなと思います。