ゲーム

3Dアクション最高峰『グラビティデイズ2』クリア感想~やっぱり今回もキトゥンちゃんはチョロカワイイ~

先日の『グラビティデイズ』に引き続き『グラビティデイズ2』をクリアしました。

PS4のマシンパワーを無駄なく使用した素晴らしい作品でした。

以前PSstoreの”フリープレイ”で配信されていたため知ってる人は多いかと思います。なので1から2の順番でプレイしてないため進化の具合が分からない人が居ると思うので簡単にまとめます。

  • グラフィックが大幅に向上
  • ストーリーとサイドミッションが増えている
  • アクションの幅も広がった

とまぁ正当といえばそうなのですが、じつに嬉しい進化をした『グラビティデイズ2』

その魅力を語っていきます。

 

グラフィックが大幅に向上

グラビティデイズ特有の絵のタッチですが、このスタイルを変えることなくグラフィックを向上させました。

↑グラビティデイズ

↓グラビティデイズ2

陰影がキレイに描写されていて最初プレイした時にびっくりしました。

グラビティデイズ2の一番の売りである”無重力体験”で見る街はこのグラフィックと合わせることで素晴らしい体験ができます

 

ちなみにグラフィックが良くなりすぎてキトゥンちゃの胸に乳首が見えます。最高のご褒美ですがCEROを出し抜いたのはすごいと思います。(グラビティデイズ2はCERO”C”で15歳以上)

 

ストーリーとサイドミッションが増えている

1をプレイした僕は「ストーリー短いな」なんて思っていたんですが、その不満に応えてくれたように2ではストーリーが増えています。

エピソードの数としては27までなんですが、一つ一つが濃いのでプレイしててストーリー長いな、なんて思ってました。

加えてサイドミッションがものすごい量があります。てか増えすぎ!消化しきれませんでした。

キトゥンちゃんのコスチュームの半分はサイドミッションから入手することができます。

僕はウエイトレスが最強だと思います。

1が5種類だったのに対し2では14種類ものコスチュームがありますので是非集めてみてください。

 

アクションの幅が広がった

グラビティデイズ2で追加された新たなるアクションが二つ追加されています。(厳密にいうともう一つあるんですがネタバレ含むので省きます)

無重力の”無”の部分に対して『軽重』が追加されました。

ルーナチューン

ある場面でキトゥンちゃんの重力操作を封じられ、代わりに与えられたのがこちらの能力です

青白い装備がついてますね

低重力モードになり体がふわふわと軽くなっています。

ジャンプ力が大幅にあがり上にも横にも物凄い距離を飛びます。

向こうの島に狙いを定めて…
びよーーーーーーーん

 

移動だけではなく、戦闘にも変化を与えてくれます。

その名も『ワームホールキック』!

一瞬キトゥンちゃんが啞空間に消えて瞬間移動します。次に出てくるときはすでに敵に対してキックしちゃってます

これが使ってて気持ちいいんですよね。まぁキックは軽いんですけど

 

ユピトールチューン

ルナチューンとは反対に”重”重力のモード

「ルーナチューン」とは違い、黄色で一つ一つが大きくなってます。

体が重くなり回避などは出来なくガードのみになってしまいますが攻撃力がUPします。

その他脆い壁を突き破るなど『パワー』の象徴になってます

 

特にインパクトがあるのが『重力波動キック』

3秒溜めて~~

こんな感じっ!

波動というよりもはや『爆発』w

 

これで回りの敵を一掃できます。んんーースッキリ!!

 

1での伏線を回収してくれます

1にあった伏線を『グラビティデイズ2』では回収してくれます。

  • キトゥンちゃんの正体
  • クロウ(サチア)だけが何故歳をとったのか

そのため余裕のある人は『グラビティデイズ1』からプレイするのをおススメします。

今回の『グラビティデイズ2』では続編と名乗る通り1の続きになってます。そのため制作陣でも2から始める人に対して考慮はしていますが、1からやった方が圧倒的に面白いストーリーになってます。

是非ともプレイされた方は僕とキトゥンちゃんの魅力について語り合いましょう!

 

まぁ2からプレイするとこんなことも見れます。

キトゥンちゃん、胸にあるのは完全に乳首ですよね?

よくCERO通したなww

 

 

 

これにて終わります

へばろ!

ABOUT ME
milksdf
"元"陸上自衛官のレンジャーを卒業しました。 ゲームが好きなので、その辺りを書いていこうかなと思います。